栄養ドリンク

みなさんは、栄養ドリンクを普段飲んでいますか?ちょっと疲れてきたとき、活気のある一日を過ごしたいときなど、使う場面はさまざまです。私自身は、疲れているときや、大事な仕事を乗り切るため飲むことが多いです。

今回は、栄養ドリンクの効果や、効率的な摂取量について詳しくお伝えしていきます。

nutritiondrink

栄養ドリンクの効果について

そもそも栄養ドリンクを飲んで、ちゃんとした効果が出るのかという疑問が沸きます。ここでは、栄養ドリンクに含まれる成分の栄養素別に効果をまとめました。

  • アルギニン…脂肪燃焼、血管拡張による血流促進
  • カフェイン…覚醒作用、脂肪燃焼
  • ローヤルゼリー…肝機能の向上、老化予防、免疫機能向上
  • ガラナエキス…覚醒作用、疲労回復
  • タウリン…疲労回復、肝機能の向上

上記の栄養成分をみれば、摂取することで効果のあるものばかりです。しかし、栄養ドリンクに含まれる栄養成分の含有量はごく少量のものがほとんどです。

飲めば疲労が改善したり、スッキリとした気分になりますが、あくまで一時的に作用するものと考えましょう。

「栄養ドリンク」と「エナジードリンクの違い」

栄養ドリンク」の他に、「エナジードリンク」というものがありますが、この二つの明確な違いごご存知でしょうか?「レッドブル」や「MONSTER」など、オシャレなデザインの缶に入っているエナジードリンクと、「リポビタンD」や「アリナミン」など、茶色い小さい瓶に入っている栄養ドリンクは、見た目にも差がありますね。

実は、この二つは栄養成分に大きな違いがあります。中でも、「タウリン」という栄養素は、エナジードリンクには入れることが許可されていません。「タウリン」といえば、よく栄養ドリンクのCMなどでも耳にするのではないでしょうか?これは、疲労回復や肝機能の向上などに効果があります。

エナジードリンクは、スッキリとした清涼感があり、カフェインで目が冴える効果はありますが、「タウリン」が含まれていません。そのため、後でドッと疲れが出てくる事が多いです。

疲労回復の効果を期待するのであれば、エナジードリンクではなく、タウリンの入っている栄養ドリンクを選びましょう。

効率的な飲むタイミングについて

飲むタイミングによって、栄養ドリンクを効果的に摂取することが出来ます。それは、自分の望む効果によって意識すると良いでしょう。

例えば、仕事の日の朝など、一日のエネルギーを摂取しようとするならば、朝食の後に飲むのが効果的です。朝というのは、睡眠によって消費されるエネルギーが多いため、体がエネルギーを吸収しやすくなっています。

食後に飲む場合、様々なビタミンなどの栄養素も効率的に吸収することが出来るためオススメです。

日頃の疲れを取りたいという方や、スッキリとした朝を迎えたいという方は、寝る前に飲むのが効果的です。最近では、「寝る前用」と表記のある栄養ドリンクも販売されており、そういった商品は眠りを妨げるカフェインを含んでいませんのでオススメです。

栄養ドリンクの副作用について

栄養ドリンクに含まれるカフェインは、過剰摂取によって、「不整脈」や「慢性的な頭痛」などを引き起こす原因となります。また、精神的にもあまり良くないとされており、「パニック症状」など、精神が不安定になってしまうことも考えられます。

栄養ドリンク一本に含まれるカフェイン量は、平均して約50mg前後です。一日に摂取するカフェイン量は200~300mgまでとされています。

では栄養ドリンクを2、3本飲んでも大丈夫ではないかと思いますが、コーヒーが好きな方などは、他の飲食からの摂取と合わせて、簡単に一日の摂取量を超えてしまいます。カフェイン中毒にならないよう、十分に気をつけましょう。

まとめ

今や栄養ドリンクは、忙しい現代人には欠かせないお供です。

私も、仕事で忙しく疲労が溜まってきたなと感じた際には、朝から栄養ドリンクを摂取することが多いです。出張先でも、コンビニで手軽に購入が出来ますし、大事なタイミングで元気を出すことが出来るため、とても便利なものです。

ただし、栄養ドリンクは、一時的な処置としてのアイテムであるということを覚えておいてください。根本的な栄養不足改善になりません。栄養ドリンクという名称ですが、一時的な疲労回復のアイテムです。大切なことは、常日頃からの体調管理にあります。

栄養ドリンクは即効性があり、とても役立つなアイテムです。ですがそれだけに頼り過ぎないように、うまく生活に取り入れましょう。