食品の買取HowTo

ついつい購入しては余らせてしまう食品類。食べきれずに捨ててしまうのはもったいないと思うことありませんか?

その食品を買い取ってもらえるかもしれません。どのような方法があるのでしょうか。

食品

捨てるのはもったいない。実は買取可能な食品群

なくなった時にストックにと、たくさん購入したのはいいけれど、結局食べないまま賞味期限を迎えそうになってしまうという経験はありませんか?

ある程度日持ちするからといっても、食べずにそのままにしてしまうのなら、とてももったいないことです。食べ物の好みも変わることがあるため、購入は必要な分だけにしておきたいものです。

それでもどうしようもなくなってしまった食品は捨てるしかないのか?いえそれは違います。実は買い取ってもらえるのです。

食品だけでなく、水やジュースなどのペットボトル飲料などの同様です。余らせた食べ物は捨てるしかないと思っていた人は、買い取ってもらうことを検討してみましょう。

どんなものでも買い取ってもらえるの?

食品の買取はできますが、買取NGなものはないのでしょうか?当然のことですが、生ものや食べかけなどの食品はNGです。その他にもこのようなものは買い取ってもらえない場合もあります。

  • 保存状態が著しく悪いもの
  • 産業廃棄物業者の手に一度でも渡ってしまったもの
  • 賞味期限を大幅に過ぎたもの

賞味期限は買取業者によって判断が異なります。賞味期限は短く設定されていることがほとんどですので、ある程度過ぎても問題なく食べられることが多いです。

そのため、賞味期限切れだからといって買い取ってもらえないと判断するのは早すぎです。

どんなものが買取OK?

買い取ってもらえるものは、このようなものがあります。

  • 缶詰
  • インスタント食品
  • 飲料
  • お菓子
  • お米
  • サプリメント
  • レトルト食品
  • 保存食
  • ギフト商品
  • 調味料など

買取は食品買取専門ショップや、恵まれない方への寄贈などを行っているNPO法人などがおすすめです。量が多ければ宅配買取なども行っているため、とても便利です。

ECショップ経営で余らせてしまったなんて場合も買い取ってもらえると助かりますね。