電化製品の買取HowTo

電化製品は次々と新しいものが発売され、さまざまな機能を活用することができます。

新しい電化製品を購入したけれど、今まで使っていたものもまだまだ使えそう。そんな場合は買い取ってもらうのが一番です。どのような買取方法があるのでしょうか。

電化製品

すごいスピードで進化を遂げる電化製品は寿命も早い?

電化製品はとても速いスピードで進化しています。性能は抜群に向上し、今までなかった機能が付くなどさまざまです。そんな電化製品は寿命が早くきてしまう説があるんです。

電化製品の多くは約5年から10年程度。特に日本製の電化製品は品質がいいため、壊れて動かなくなるといったことはあまりないため、10年を過ぎても使い続けている人も多いようですが、冷蔵庫やエアコンなど、新製品の方がかなり節電効果が高く、ランニングコストを考えると、買い替えた方が得という場合も多くあります。

どんな電化製品が買い取ってもらいやすい?

電化製品にはさまざまな種類がありますが、買い取ってもらいやすいものとそうでないものに分けられるようです。

買い取ってもらいやすい電化製品

  • テレビ
  • パソコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • スマホ
  • デジタルカメラなど

買い取ってもらえる確率が高い電化製品なのですが、中には買い取ってもらいにくいものもあります。

買い取ってもらいにくい電化製品

  • 肌に直接触れることがあるもの(衛生面)
  • 炊飯器などの食に関するもの(釜に傷が入っていると衛生面でNG)
  • タバコのヤニなどがこびりついているもの
  • ガスコンロ
  • かなりの年式の古いものなど

電化製品は2~3年の新しいものが一番買い取ってもらいやすく、長くても5年まで。10年ものは買い取ってもらえたとしても、金額に期待しない方がいいでしょう。

高額買取のポイントは国内メーカー

高額で買い取ってもらいやすい電化製品でも、そのメーカーによって買い取り価格がかなり変わってきます。

日本製品であれば高額買取が期待できますが、中国製のハイアールやアクア、韓国製のLGなどの海外製品などは、高額で買い取ってもらえることはまずありません。

新製品を購入する際は、多少高くても、国内有名メーカーを選んでおくことをおすすめします。