着物の買取りHowTo

最近伝統的な着物の良さが見直されているとはいえ、やはり着用機会が少ない着物。

自宅にしまい込んでしまったままの着物が眠っている人も多いのではないでしょうか。そんな着物の整理方法に買取が注目されています。

wafuku

あまり着る機会がない着物。保管も難しい

日本の伝統衣装である着物は、海外でもとても人気があり、セレブたちもお気に入りです。そんな着物は日本国内でも見直され、着物を着るという若者も増加傾向にあるといいます。

ですが、やはり日常生活ではなかなか着る機会がなく、結婚式や成人式など、特別な日しか出番がないというのが現状です。

着物は流行り廃りがあまりなく、日本女性にとても良く似合うため、母から娘へ、受け継がれていくことも良くあります。そのため、祖母や母から譲り受けた着物をどう扱っていいか分からないという人も多いようです。

実は着物の保管は少し面倒で難しいのです。

  • 湿度の気を遣う
  • 年に数回は日陰で吊るし干し必須
  • 直射日光が当たらない風通しのいい場所に保管
  • 種類の違う着物同士を一緒にしまうのは避けるなど

その他にも気を付けなければならないことがあり、保管方法を間違うと、虫がついたりシミになったりしてしまいます。このような面倒もあり、着物をどうにかして整理したいという人が多いようです。

着物は着物買い取り業者へ

最近ではオークションやフリマなど、ネット上で譲ったり譲り受けたりできる場所が増えてきました。その方がお得に取引できることもあるのは事実です。

ですが、着物は専門的な知識が非常に重要となるもののひとつ。なにも分からずに手放してしまうと、安く買いたたかれてしまう可能性もあります。そのため、着物買い取り業者へ依頼することをおすすめします。

最近では、ネット買取業者も増え、売る前に査定が可能であったり、発送用の荷造りセットをもらえたりと、かなり便利になってきています。近くに買取店舗がない場所でも手軽に依頼できるとあって、人気急上昇中の買取方法です。