本の買取HowTo

あっという間に溜まっていく古本に困ったことはありませんか?本はかさばるうえ、重く整理もしづらいものです。

自分でも整理がおっくうになる前に、お得に買い取ってもらいましょう。どのような方法があるのでしょうか。

furuhon

部屋を埋め尽くす本。どんどん増えて溜まっていくもの上位にランクイン

引越しを行った際、その整理にかなりの体力を使ったものが本でした。本は気が付かないうちにどんどん溜まっていき、いつの間にか本棚から溢れ、本棚の外に本が積み上げられるといった状態でした。

その理由のひとつとして、本にはさまざまな種類があることが挙げられます。

雑誌・参考書・専門書・小説・漫画など

さまざまな種類があることで、多くの興味をそそられる、それも本の魅力なのですが、溢れる本にはほとほと困り果ててしまいます。

  • 読まないまま保管されている本
  • 一度読んでからもうずっと読んでいない本
  • 呼んでいる途中に読むのをやめてしまった本

このような本は、一度整理してから不要なものを処理した方部屋もすっきりと片付きます。まずは、本棚に入れられる本だけ残し、残りは買い取ってもらってはどうでしょうか。

本の買取方法とは

本を買い取ってもらう場合、2つの方法が考えられます。

  • リサイクル書店に持っていく
  • オンライン書店に送る

ブックオフなどの大型リサイクル書店などが近所にある場合はそちらへ。ない場合は、オンライン書店に買取を申し込むと買い取ってくれます。

事前に査定してくれるので、高い方に売ることもできます。ネットの場合は、梱包用の段ボールや送料までも無料の書店もあるので、チェックしてみましょう。

オークションやフリマアプリなどもありますが、本の場合厚みや重さもあるので、送料がかなりかかる可能性があります。できれば書店で買い取ってもらった方がお得です。

こんな本は売れやすい・売れにくい

本によっても売れやすいものと売れにくいものがあります。

売れやすいもの

  • 欠けていない漫画コミック巻セット
  • 専門書(医学書など)
  • ベストセラービジネス書
  • 英単語本など

売れにくいもの

  • ファッション雑誌などの雑誌系
  • 流行小説など

雑誌系の本は最低でも3ヶ月以内に発売されたものでないと、買取は難しいかと思われますので、早めに決断を。

もちろん、カビが生えていたり、ひどい落書きで字が見えないなどの欠損本はさらに難しくなります。

ISBNコードで事前査定

ISBNは世界標準の図書、書籍特定コードで、このコードが記載されている本は、事前の入力することで、査定ができるというネット買取書店もありますので、活用してみると便利ですよ。