使わないものや不用品は上手くリユースする時代

なるべくゴミを減少させていくようになったこの時代、廃棄にもかなりのお金がかかるようになりました。自治体のごみ処理方法もかなり細かく設定される傾向にあります。

そんな時代だからこと、リユースが注目されていいるのです。賢い不用品の処理方法にとはどのようなものなのでしょうか。

reuse

いらなくなった不用品どうしてる?

あまり使っていないもの、これからも使う予定がなさそうな不用品はどのように処理しているでしょうか。ゴミとして廃棄でしょうか。

私事ですが、最近引越しました。引越しをする際、まず行うことは、引越し先に持っていくものと、持って行かないもの、いわゆる不用品に分けることです。

実際に仕分けをしてみて分かったのですが、家の中にはいらないものが大量に眠っているのです。次々と出てくる不用品の山に途方にくれました・・・。

いらないものは捨てるべし!その勢いのまま廃棄しようとしたのですが、通常のゴミには出せない大型の粗大ゴミや、自治体では回収不能なものなどさまざまあり、廃棄はかなり面倒だと分かりました。

自治体で回収してくれる大型ゴミの場合、自治体によってもさまざまですが、安くない料金を支払い回収チケットを購入しなければならないところもあり、お金の面でも頭を悩ませることになりました。

廃品回収業者に依頼するとさらに高額だったため、廃棄を諦めることに。そんな時頭に浮かんだのが、リユースするという考え方でした。

リユースとは

リサイクルに比べ、リユースという言葉はあまり聞き慣れない人もいるかもしれません。

  • リサイクル・・・一度資源に戻してから形を変え再利用する
  • リユース・・・ゴミにせずそのままの形で何度も再利用する

 

また、ゴミとなるものを排出せず抑制することをリデュースといい、リサイクル・リユース・リデュースを3Rと呼び、環境省もこれらの活動に力を入れています。

自分は使わないけれど、使いたいという誰かのために再利用するのがリユースの基本。そのために必要なことは、使いたい人のために買い取ってもらうということです。

廃棄するために廃棄業者に依頼すると料金を支払わなければいけませんが、買い取ってもらうと、買取価格が仮に安価であってもマイナスになることはありません。

ちょっとした臨時収入が期待できるうえに、必要な誰かも安く手に入れることができ、win-winな関係が築けるのです。

そこで、さまざまな商品の買取方法を調べてみることにしました。気になる買取方法とは、どのようなものなのでしょうか。